駐車場やガレージに車を入れようとして、目測を誤り、ボディを壁などにぶつけてしまうということがあります。また、固いものを車に乗せようとして、ボディに当ててしまい、傷や凹みが出来てしまうということも少なくありません。こうして出来た傷や凹みは、そのままにしておくと見栄えも悪いですし、塗装が剥がれて板金が露出しているとすぐに表面が錆びてきてしまいます。錆が広がると他の部分の塗膜にも影響しますし、水垢のように錆がこびりついてしまうということもあります。そうなる前に速やかに板金修理をしてしまうのが良い方法ではありますが、ディーラーや板金修理工場に修理を依頼するとどうしても費用がかさんでしまいます。小さい傷でもそれなりの金額になりますし、ましてや補修の箇所が多くなると更に高額な料金がかかることになります。

プロのお願いせずに自力で修理を行なうには

傷の大小によって違いはあるものの、車の板金修理をするとなるとかなりの出費を覚悟しなくてはなりません。複数のパーツにわたってついてしまった傷や、深い凹み、あるいは大きな面積を修理するとなると諦めてプロにお願いするほうが確実ですが、比較的小さな傷や軽度な損傷であれば自分で修理するというのも良い方法です。こうしたボディの板金修理は、ホームセンターなどで市販されている補修グッズを使うことで比較的手軽に補修をすることが可能です。傷の程度や大きさ、箇所によっても修理の仕方は変わってきますし、必要になる道具にも違いがあります。傷や凹みの状態をよく確認し、どういった作業が必要になるかを事前に把握してから道具や材料を揃えるのが良いでしょう。各補修グッズの説明書などにも適した作業が記載されているので、それらを参考にするのも良い方法です。

綺麗な作業をするには事前の準備が重要になります

自力で板金修理をすることを決めたら、まずは必要な道具を揃えるとともに、作業のための下準備を入念に行うことが大切です。パテや塗料などがついてほしくない所は、古新聞やマスキングテープなどでしっかりと保護してから作業を始める必要があります。下準備が完了したら、作業の手順をもう一度確認して、一工程ずつ丁寧に進めていくことが大切です。例え小さな傷であっても、塗料やパテの乾燥時間を考慮すると一日で終わらせるのは難しいので、修理にかける日にちにも余裕をもって計画をたてる必要があります。時間に余裕がないと、パテや塗料が乾燥する前に次の作業を急いでしまい、結果として作業がやり直しになってしまうこともあるので注意が必要です。各工程を丁寧にすればするほど仕上がりに大きく影響するので、必要以上に焦ったり急いだりしないように心がけることが成功のコツです。

修理個所が2か所以上の場合は割引。低価格とクオリティー向上を実現します。 車の修理代が高いと思う方、当社はその考えをくつがえすべく、工夫をして少しでも安くならないかと、激安にチャレンジしています。 バンパーのスリキズ修理は1ヶ所3000円均一で承ります。 バンパーの小さな傷が気になる方、初めての方に限りおおよそ20センチの傷なら1箇所999円で修理致します。 板金修理は驚きの価格!困ったときは池内自動車におまかせ