実際に板金修理をやってみましょう

車を使っていると、どれだけ気をつけていても、不注意によってボディに傷をつけてしまう事があります。ほんの小さなキズであっても、場所によっては非常に目立つ物になりますし、特に新車などの場合にはいつまでも気になってしまうものです。こうした傷を直す際、ディーラーや板金修理工場などで直してもらうこともできますが、大きな傷や凹みならともかく、小さな傷を直すのに高いお金を払うというのもためらわれてしまうものです。かといってそのまあにしておくのも精神衛生上良くありませんし、時間が経つと塗装面に亀裂が入ってしまったり、ひどい時になると塗膜が剥がれ落ちてしまうということもあります。傷をそれ以上ひどい状態にしないためには、やはり早めに修理をする事が必要になります。

板金修理の費用を安くあげる方法とは

車のボディについてしまった傷や凹みは、その大きさにもよりますが自分で修理するということも可能です。大きな傷も直せないことはありませんが、素人が作業するとなると広い面積を綺麗に直すというのは至難の技になります。しかし、手のひらよりも小さい様なサイズの傷であれば、少し時間をかけるだけでほとんど分からないくらいまでは修理することができます。自力で板金修理をするためには、まず必要な道具を揃えなければなりません。中には普段使うことのない特殊な材料などもありますが、最近はホームセンターやカー用品ショップなどでも様々な種類のものが簡単に手に入るので、道具や材料を揃えるのにもそれほど苦労することはありません。価格も手頃なものばかりなので、プロの板金修理を利用するのに比べ格段に安い費用で修理をすることが可能です。

地道に作業する事が板金修理の成功につながります

自力で板金修理をする際には、まず傷がついてしまった面を綺麗に均しておく必要があります。その際、ボディに付いている油分や埃、ゴミなどを丁寧に取り除いておくことが大切です。これらの異物が残っていると、サンドペーパーなどで均している時に新たな傷を作ってしまう事もありますし、パテ盛りや塗装をした時にきちんと密着せず、乾燥後に剥離してしまう恐れもあります。傷の表面を綺麗にしたら、パテを盛って傷を消していく作業になります。比較的浅い傷であれば、薄づけパテで十分ですが、深い傷の場合にはポリエステルパテを使った方が乾燥後に表面が凹んでしまうこともありません。パテ盛りをして表面が綺麗に仕上がったら塗装の作業になりますが、その際にも一気に仕上げようとせずに、少しずつ作業を繰り返すことでムラや塗料の垂れを防ぐことができ、平滑な塗装面を作ることができます。